リクルート

熱意ある方へ

弊社では、志溢れる皆様からのご応募を積極的にお待ちしております。

J-BRAINで働く

J-BRAINのミッション

J-BRAINはビジネス界のプロに対して、セミナーなどによる「気づき」「学び」を、転職支援によって「実践」できる機会を提供します。
またクライアント企業に対しては、「資産」「戦略」「幹部人材・企業文化」「社長の人間力」からなる企業競争力のピラミッドの構築をサポートし、企業の成長をともに目指します。

代表取締役社長からのメッセージ

私の夢は、日本の経済を活性化させ、世界競争力を増し、将来にわたる永続的なポジションを確固たるものとすることです。

戦後、日本は、国策に伴う規制という安全圏の中、世界企業の脅威にさらされることなく成長曲線を描いてまいりました。そして日本は短期間で先進国の仲間入りを実現し、「ものづくり日本」としてのポジションを確固たるものにしました。

しかしながら、昨今におけるIT化や情報革命、アジア諸国を筆頭とする新しい経済の台頭といった世界における経済構造変化の中において、日本はもはや遅れをとっている状態にあります。そんな状況にも関わらず、進みゆく少子高齢化が、労働人口の減少に追い討ちをかけています。

今こそ、雇用に関する新しいサービスが必要だと感じています。

私達は、「組織」が成長するために、不可欠な「piece」を見つけ出し、それをパズル(=組織)の中に当てはめていきます。その「piece」によってパズルは完成し、経営者達が描いた一枚の絵は“日本の輝ける未来”を作りゆく要素となっていくことでしょう。

これからも、「ゼロから価値を生み出せる事業創造集団」として、「piece=メンバー」が集結し、「piece=夢」を語り合い、 様々な市場に新しい「piece=価値」を創造できるように努めていきます。

株式会社ジェイブレイン代表取締役社長

J-BRAINの歴史

2008年

2008年9月障がい者と、その支援者を対象としたシンポジウム「U.P.O.C.」を開催
2008年8月経営者・大使館関係者500名を招いてのマッチングイベント「G.P.O.C.」を開催
2008年4月学卒新入社員3名が入社

2007年

2007年9月弊社COO 蔵元二郎の著書を出版
『出来ない理由に興味はない!』STUDIO CELLO
2007年7月投資再生事業本部を新設
2007年6月弊社代表 修行憲一の著書を出版
『プロフェッショナル・ストラテジー』しののめ出版
2007年5月メディア事業本部を新設
2007年4月学卒新入社員14名が入社
2007年4月関西支社を大阪府大阪市北区に開設
2007年4月人財開発本部を新設
2007年3月第三者割り当て増資を実施
資本金を51,916千円に増資
2007年1月会員制経営者クラブ「gootune倶楽部」を開始

2006年

2006年11月新卒学生ヘッドハンティングイベント「アドベンチャー 2008」を開催(06年11月〜07年6月にて15回)約2,100名を動員
2006年11月監査役に特化した求人サイト「監査役人材バンク」を開始
2006年4月学卒新入社員8名が入社
2006年3月 経営幹部に特化した求人サイト「C-Class」を開始
2006年2月弊社代表 修行憲一の著書を出版
『ベンチャー企業で働くということ』大和書房
2006年2月新卒学生ヘッドハンティングイベント「アドベンチャー 2007」を開催(06年2月〜07年10月にて10回)、約1,300名を動員

2005年

2005年8月障害者雇用支援サービスサイト「ユニバーサルハンズ」を開始
2005年8月本社を東京都中央区銀座2丁目に移転
2005年7月CFO(最高財務責任者)に特化した会員制クラブ「Club CFO」を開始
2005年6月第三者割り当て増資を実施
資本金を45,000千円に増資
2005年5月新卒学生ヘッドハンティングイベント「アドベンチャー 2006」を開催(05年5月〜6月にて2回)約600名を動員
2005年4月学卒新入社員3名が入社
2005年3月三優監査法人と監査契約を締結
2005年2月第三者割り当て増資を実施
資本金を30,000千円に増資

2004年

2004年7月障害者雇用支援を行うユニバーサルハンズ事業を開始
2004年3月本社を東京都中央区銀座6丁目に移転
2004年2月起業家と「プロフェッショナル型ビジネスリーダー」の出会いの場を創出する会員制倶楽部「プレジデントゲート」を開始。

2003年

2003年6月新卒採用コンサルティング事業を開始

2002年

2002年8月有料職業紹介許認可を取得(厚生労働大臣13-ユ-080457)
2002年6月東京都新宿区にて創業
資本金17,000千円

このページのトップへ戻る