【2021年最新】海外FX XM Zero口座とは?ゼロ口座のスプレッドは?XMとの違いを比較

今回は『XM Zero口座』について解説します。

XMには弟的な存在として『XM Zero口座』があります。兄であるXM、そして弟的な存在であるXM Zero口座。

この2つをうまく組み合わせることによって、FX初心者であっても大きな利益を得ることが可能となります。

XM Zeroとは一体何なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのか、そしてXMとXM Zeroをどのように活用すれば勝ち組になれるのか、その実態に迫ります!

目次

XM Zero口座の『Zero』はスプレッドがゼロという意味

XMの Zero口座はスプレッドが無いという意味のZeroです。

XM Zeroと普通のXMでは一体どこが違うのか。その違いについて見ていきます。

まず、XM ZeroのZeroとは、スプレッドがゼロ(スプレッドが無い)ということを意味しています。

ポイント

XM ZeroのZero(ゼロ)とはスプレッドがゼロという意味

XM Zeroの正式名称は『XM Zero口座』です。

XMの中にはスタンダード口座やマイクロ口座等、色々な口座がありますが、その1つとお考え下さい。

海外FX・国内FX問わず、どのFX業者でも必ずスプレッドは付いてきます。

トレーダー側から見ればスプレッドは取引するたびにかかってくる取引コストで、FX業者側から見れば貴重な収入源となります。

XMも当然スプレッドがかかってきます。代表的通貨ペアであるドル円なら1.5pips前後のスプレッドです。

これがXM Zero口座であればスプレッドは0です。

しかしXM Zero口座には『取引手数料』というコストはかかってきます。具体的にはドル円であれば約1pipsです。

つまり、スプレッドという名称では0ですが、取引手数料という名称に置き換わってのコストはかかってくるわけです。ストレートに言えば、1.5pipsのスプレッドが1.0pipsのスプレッドになるということです。

いくらXM Zero口座とは言え、スプレッドや手数料が完全にゼロというわけにはいきません。

XMとしても企業である以上は利益を上げなければなりません。しかしXM Zero口座はXMとしても最大限、トレーダーに配慮した上での極限のサービスということができます。

海外FXを見渡しても、ドル円のスプレッドが1.0pipsというFX業者はほとんどありません。

海外FXで最も狭いスプレッドと言っても過言ではないレベルです。(正式名称としては、1.0pipsのコストはスプレッドではなく取引手数料ということになりますので、表向きはスプレッドは0ということになります。)

XMを使ってFXトレードしたい、しかしスプレッドが少しでも狭い環境で取引したい、そういうXMトレーダーのニーズに応えたサービス、それこそがXM Zero口座なのです。

\ 口座開設で3000円のボーナス /

XM Zero口座は長くXMでトレードしたい人に向いている!

XM Zero口座の最大のメリットは何といっても取引コストを低く抑えられる点です。

スプレッドは0、その代わりにかかってくる取引手数料はスプレッド換算すると実質1.0pips(ドル円)です。

XMのドル円スプレッドが1.5pipsであることを考えると、取引コストを3分の2にまで抑えることができます。

あえて比較しますが、例えばXMでドル円で100ロット取引した時にかかるスプレッドコストは100ロット×1.5pips=150pipsです。

これがXM Zero口座であれば、100ロット×1.0pips=100pipsです。50pipsもコストを抑えることができます。

XMでは1ロット取引の場合、1pips=約1,000円に相当しますので、100ロット取引すれば5万円ほどのコスト削減ができることになります。

1回1回のトレードでは微々やる差であっても、長期的に見れば大きなコストカットにつながります。

これは決してXMのスプレッドが不利であるというわけではありません。実際、XMのスプレッドは海外FX業者の中でも平均よりやや有利、というレベルなので悪くはないのです。XM Zero口座がそれをはるかに上回っているというだけの話です。

XM Zero口座は、末永くXMでトレードをしていきたいと考えている人には非常におすすめの口座です。

取引コストという点では、XM口座より良いです。

しかしXM Zeroはこれだけ有利なコスト条件でトレードできる分、デメリットも存在します。

XM Zero口座のデメリットもしっかり把握した上で、XMにするのかXM Zeroにするのかを検討することが大事です。

XM Zero口座はボーナスが弱い

XM Zero口座は取引コストを最小限に抑えられるというメリットがありますが、それと引き換えにデメリットも存在します。その最大のデメリットはボーナスです。

XMが誇る充実したボーナスについては前回までの記事でも再三お伝えしてきました。

XMでは口座開設するだけで『口座開設ボーナス3,000円』が無料でもらえる上に、日本円で約5万5千円までの入金に対して100%分のボーナスが付与されます。

入金した額の倍以上の資金を持ってXMでトレード開始できるのです。このような豪華なボーナスは、金融庁の規制下におかれている国内FXには到底真似できないことであり、XMならではの強みでもあります。

一方、XM Zero口座の場合は、入金100%ボーナスがもらえません。

『口座開設ボーナス3,000円』だけが付与される仕組みになっています。入金ボーナスがないとは言え口座開設するだけで無料で3,000円はもらえますので、ものすごいデメリットというわけではありません。

しかし入金ボーナス100%のボーナスが無いために、XMで口座開設してFXトレードをスタートする場合、例えば5万円の入金であれば、口座開設ボーナス3,000円と合せて53,000円からのスタートになります。

これがXMであれば103,000円からスタートを切れますので、同じXM同士で直接比較すると、スタート時の差は歴然としたものとなります。

XMXM Zero
口座開設ボーナス ○口座開設ボーナス ○
入金ボーナス 100%入金ボーナス 無し

\ 口座開設で3000円のボーナス /

XM Zero口座はレバレッジ500

もう1つ、XM Zero口座がXMより弱い面はレバレッジです。

XMであれば最大888倍のレバレッジとなりますが、XM Zero口座の場合は最大500倍です。

XMXM Zero
レバレッジ 最大888倍レバレッジ 最大500倍

しかしこれはそこまで大きなデメリットにはなりません。理由は2つあります。

1つ目の理由は、500倍でも国内FXと比べれば、比較できないほどの破壊力を持った高レバレッジだからです。

国内FXであればレバレッジは金融庁の規制がありますので最大25倍です。

XM Zero口座はその20倍ものレバレッジがあります。

国内業者は金融庁の規制で最大25倍なので、それに比べると高いレバレッジですね。

たしかにXMの888倍と比べるとその6割程度のレバレッジではありますが、国内FXと比べるとレバレッジ500倍もあれば十分過ぎるぐらいの爆発力があるのです。

例えば国内FXで1万円の利益を得たとしたら、それがXM Zero口座であれば20万円の利益となるわけですから、十分な破壊力があると見てよいでしょう。

2つ目の理由が、レバレッジが888倍であったとしても、よほどのことがない限りは資金のすべてを1回の取引につぎ込むことは、まずあり得ないからです。

例えば資金が10万円としてドル円で取引した場合、XMであれば888倍×10万円=8,880万円分の取引が可能となります。

XM(XM Zeroも同様)では1ロット=10万通貨=10万ドル≒約1,100万円です。

8,800÷1,100=8となり、最大8ロット投入できます。一方、XM Zero口座であればレバレッジが500倍なので、500倍×10万円=5,000万円分の取引が可能となります。

XMXM Zero
最大8ロット投入できる最大4ロット投入できる
資金10万円でドル円で取引した場合

5,000÷1,100≒4.5となり、XM Zero口座なら4ロット投入できます。

では、実際のトレードで軍資金が10万円だった時に、最大の8ロットで全部を投入するかと言えば、答えはNOです。

これはまた別途、XMトレードにおける資金管理の記事でお話しますが、1回の取引で、取引可能なロット数全てを投じるのは得策とは言えません。勝てば良いですが、負けた場合に全ての資金を失ってしまっては、FXトレードを継続できなくなるからです。

今回の例で言えば、10万円の軍資金であれば、まず1~2ロットぐらいを投入するのが望ましいのです。(XMでは1.5ロット、のように少数点以下の取引も可能です。)

負けても、また次のトレードで十分戦えるだけの余力を残しておく必要があるからです。

ではここで話を戻します。XMではレバレッジ888倍とは言え、実際に投入するロット数は1~2ロットです。

そしてXM Zero口座であってもそれは同じです。XM Zero口座はレバレッジ500倍なので最大で4ロット投入できます。ですので、1~2ロットの取引をするという点では、XMを使ってもXM Zero口座を使っても同じなのです。

これが、レバレッジ888倍のXMに対してレバレッジ500倍のXM Zero口座がレバレッジ面ではデメリットにならない2つ目の理由です。

ポイント

レバレッジ888倍のXM口座、500倍のZero口座であっても、実際に投入するロット数は1~2ロットがおすすめ

\ 口座開設で3000円のボーナス /

XMXM Zero口座も利益・損失額は同じ

先ほど少しだけ触れましたが、XM Zero口座も、XMと同様に『1ロット=10万通貨』です。

ドル円(1ドル110円とすると)なら10万通貨×110円=1,110万円の資金が必要であり、ユーロ円(1ユーロ130円)なら10万通貨×130円=1,300万円の資金が必要ということです。

FXでの利益・損失額は、この1ロットあたり何万通貨なのかによって決まります。

国内FXであれば利益・損失が出にくい形である『1ロット=1万通貨』がメインです。業者によってはさらに低い設定で『1ロット=1千通貨』という業者すらあります。

ロット数の設定が、国内FXと海外FX XMでは違います。

国内FX海外FX XM
1ロット=1万通貨1ロット=10万通貨

FX初心者は、前回の記事でお伝えした『pips』数で利益額・損失額を計算すると非常に分かりやすくなります。

1ロットでエントリーして、注文した方向にレートが1pips動いた時、いくらの利益が出るのか、ということです。

1ロット10万通貨のXMやXM Zero口座であれば、1pips動くと千円の利益となります。これが1ロット1万通貨の国内FXであれば、百円です。1ロット1千通貨の国内FXなら10円です。その差は歴然としています。

まとめ

XMとXM Zero口座は、レバレッジの差はあるが、それは同じ軍資金だった時に投入できる最大ロット数が変わるだけで、1pips動いた時に得られる利益額・損失額はXMもXM Zero口座も同じ。

・ 500倍ものレバレッジがあれば十分すぎる威力があり、XMとXM Zero口座のレバレッジの大小は気にする必要はない。

XM Zero口座であっても、ゼロカットシステム&追加証拠金無し、という条件はXMと同じ

XMXM Zero口座を組み合わせた最強戦略!

ここまでの情報を整理します。

XMXM Zero
口座開設ボーナス3,000円+入金100%ボーナス有り 口座開設ボーナス3,000円のみボーナス有り
レバレッジ888倍 レバレッジ500倍
1ロット=10万通貨 1ロット=10万通貨
スプレッドは海外FX平均よりやや良い スプレッドは表向きは0取引手数料有り
取引手数料をスプレッドと見立てた場合には、海外FXの中でもスプレッドは最狭レベルで有利
ゼロカットシステム&追加証拠金無し ゼロカットシステム&追加証拠金無し

これがXMとXM Zero口座を要約したものとなります。

ここで、XMとXM Zero口座をうまく組み合わせた最強の戦略を伝授します!

結論から言えば、XMとXM Zero口座の『それぞれの良い所だけを取る』戦略です。XMの最大の武器は、入金100%という豪華なボーナスです。そしてXM Zero口座の最大の武器は、スプレッドの狭さです。レバレッジについては888倍と500倍であれば実質的には互角と見て良いです。

STEP
まずXMで口座開設します。

上限5万ドル(日本円では55,000円)の入金100%ボーナスを最大限活用するために、5万5千円を入金します。

これによって、55,000円+(55,000円×100%)=110,000円、さらに口座開設ボーナスが3,000円ありますので、合せて113,000円からのスタートとなります。

STEP
113,000円を運用して資金を増やしていく。

資本市場というのは面白いもので、0を1にするのは非常に大変なのですが、1を5、6と増やしていくプロセスは楽になっていきます。XMであれば、ボーナス活用によって、いきなり、ある程度の軍資金を持ってスタートを切ることができますので、かなり有利な環境下で資金を増やすことができます。

もし55,000円はドブに捨てたと思って思い切って一発勝負に賭けたいという人は、積極的にはおすすめはしませんが、一か八かで『勝てば11万、負けても11万』というロット数と利益確定ラインで一発勝負する方法もあります。FXは上がるか下がるかなので、11万円が22万円に化けるか、0円になるかは五分五分です。

一見無謀なトレードに見えますが、勇気のある人はやってみる価値はあります。ただし最初の1回の取引だけ限定にして下さい。資本市場は最初の一発、増やす作業が大変です。

それをこの一撃に賭けるというのは、ある意味合理的ではあります。負けても失うのは5万5千円。損失の半分はボーナスがカバーしてくれます。かたや勝てば11万の利益。確率50%なら、やってみる価値はあります。

22万円にまで軍資金が増えれば、そこからは勝てそうな局面でだけ地道にトレードすることによって、有利な心理状態でトレードを展開することができます。得てして、資金に余裕のない人ほど負け、資金に余裕のある人ほど勝ち続けるものです。

STEP
ボーナスの恩恵を受けて資金を一気に増やし終えたら、今度はXM Zero口座に移行

長期的にみれば狭いスプレッドは大変魅力的ですし、レバレッジも500倍あれば十分過ぎる水準です。XMより狭いスプレッドのXM Zero口座で、長期的にXMトレードを続けていく戦略です。

資金の増やし方は以前の記事でお伝えした裏ワザを使って頂いてもいいですし、正攻法で地道に増やしていくのもアリです。正攻法のトレード手法は追々ご紹介していきます。

ただし、XMも継続した状態で、プラスアルファでXM Zero口座を作るのが良策です。

この点については、次回の『XM 資金管理戦略!』でお伝えします。ご期待下さい!

\ 口座開設で3000円のボーナス /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

FX歴12年のたぬまるです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる